山で手摘みした「よもぎ」は香りが強いです。

特撰よもぎ香る草餅 108円

草餅に使われているよもぎの一部は、なんと山に自生している自然のもの。しかも、シャトレーゼの社員が山に分け入って手で摘んでいます。早朝に摘んだものが一番香りが良いので、暗いうちから山に登り、夜明け前のうす暗い中で、よもぎを探して収穫しているんですよ。

収穫する時期は春。春とはいえ、標高の高い収穫地の気温は低く、手足がしびれるような寒さです。私も山に登ったことがあるのですが、なれない山での作業と相まって、どんどん体力が奪われて、とても辛かったです。暗い中、品質基準をクリアしたよもぎが見つけられず、心が折れそうになっていた時に現れた太陽は今でも忘れられません。そして朝日に照らされ朝露が輝くよもぎの姿は、本当にきれいで神々しく「よし!がんばるぞ」と、気持ちを取り戻したものです。そんな努力の結晶が、この草餅。自生しているよもぎは香りがまったく違いますので、ぜひお試しください。

シャトレーゼ オフィシャルブログ | Chateraise News

山梨から全国へ直送でスイーツをお届けするシャトレーゼの公式ブログ。農場のレポートや、最新スイーツ情報をお伝えします。

0コメント

  • 1000 / 1000