「生ワイン」をとことん味わおう。「通い瓶」だからリーズナブルで楽しい

実は、シャトレーゼはワインがすごい

突然ですが、「シャトレーゼ」と言えばどんな商品を思い浮かべますか?

アイス?シュークリーム?プリン?やはりシャトレーゼと言えばスイーツという方が多いでしょうか。

洋菓子に加え、和菓子やパン、アレルギー対応のスイーツなども含めて常時およそ400種類の商品を販売しているのですが、そんなシャトレーゼの商品のひとつに、実は「ワイン」があるんです。

日本一のワインの産地山梨県の会社であること、創業者がぶどう農家出身ということから、20年ほど前から自社でワイナリーをもち、本格的にワインの生産および輸入をしています。

国内外のワインコンクールで多数の受賞歴もあるんですよ。

にも関わらず、価格はいたってリーズナブル!

常に良心的な価格の商品を提供したい、というシャトレーゼの想いがここでも貫かれています。

(コンクール受賞ワインの一部。現在は販売しておりません。)


ぶどうの香りを楽しむ「生ワイン」とは

そんなシャトレーゼのワインのなかで、ちょっと変わっているのが『樽出し生ワイン』。

一般的なワインは、タンクで発酵させたあと、果皮や種などを取り除き樽に詰めて熟成、さらに加熱殺菌と濾過処理をしてから瓶詰めして出荷されますが、それに対して生ワインは、基本的に加熱殺菌や濾過をしていないのが特徴です。

なので、ぶどう本来のフレッシュな香りが楽しめるワインになり、ワイン初心者の方や軽めの味わいが好きな方におすすめです。

ただし、加熱殺菌をしていないため2週間の賞味期限が設定されています。

なるべくフレッシュなうちに飲み切ってくださいね。


お店でボトリング、瓶は再利用!「通い瓶」でワインを買う!?

そんな『樽出し生ワイン』のもうひとつの特徴が、なんとシャトレーゼ店内で注文を受けてからボトリングすること。

瓶は、専用のものを初回だけ買い、2回目からは空の瓶を持っていくと、新しい瓶にまた注いでもらう「通い瓶」というスタイルです。

その昔、瓶が貴重品だった時代は、近所の居酒屋さんで日本酒などを買うのに通い瓶を使うのはよくある光景だったようですが、今はあらかじめ瓶やペットボトルに詰められたものを買うのが当たり前。

そんな古き良き通い瓶の仕組みをシャトレーゼで体験できるんです。


「通い瓶」でワイン、どうやったら買えるの?

でも、「通い瓶で買う」なんて、なんだか面倒なのでは?と思うかもしれませんが、手順はいたって簡単です。


① まずはお店に行く!

シャトレーゼのお店に入ったら、店内を見回して樽の姿を確認しましょう。

(*樽出し生ワインの取り扱いがない店舗もありますので、あらかじめホームページで確認してからお出かけください。)

② 注文する!

スタッフに「生ワインを買いたい」と伝えましょう。

初めて買う時はその旨を伝えれば空の瓶を出してきてくれます。

2回目以降に行く時は、空き瓶を持っていけばOKです。

③ 白か赤かを選ぶ!

お店では常時、白と赤の2種類(一部店舗は3種類)を提供しています。

気分に合わせて、白か赤、もしくは両方!を選んでスタッフに伝えましょう。

④ ボトリングを楽しむ!

ワインの種類を選んだら、スタッフがその場でボトリングしてくれます。

蛇口からワインが注がれる様子は、それだけで意外なほどワクワクしますよ。

⑤ お会計をする!

最後に瓶代を含めたお会計をするだけです。

もちろん2回目以降の会計はワイン代だけでOKです。

混んでいなければ、所要時間は5分程度。

とってもリーズナブルなのに、まるでワイン上級者になったような気分も味わえて、新鮮な感覚になるのではないでしょうか。


一度知ったらクセになる!通い瓶のメリット

目の前でボトリングされるワクワクの他に、通い瓶だからこそのメリットを3つご紹介します。


その1 とにかくリーズナブル!

もともとシャトレーゼのワイン全般が買いやすい価格設定ですが、そのなかでもこの『樽出し生ワイン』は、輸送コストやラベルのコストが抑えられている分、ボトル代を加えても 894円(税込)とさらにお買い得です。

その2 ゴミがでない!

意外に重要なのは、ゴミが出ないこと。

ワインが好きで頻繁に飲む方だと、空き瓶の処分はあなどれない問題なのではないでしょうか。

通い瓶ならゴミにならないので、捨てる手間がないことと、もちろんエコです。

その3 コミュニケーションが生まれる!

ただワインを買うだけでなく、瓶を持ってきて詰めてもらうということは、お客様とスタッフとの会話が生まれます。

常連さんのなかには、2〜3日に1回のペースで買いに来られる方もいるそうで、もしかすると、ワインだけでなくスタッフとのコミュニケーションも楽しんでくださっているのかもしれません。

この通い瓶というスタイルがとれるのは、スーパーやコンビニなどへの卸売ではなく、自社ワイナリーから全国のお店へ配送できるシャトレーゼだからこそ。

お近くのシャトレーゼにぜひ足を運んでみてください。


『樽出し生ワイン』をおいしく飲むならこんなシーンで

ただ買ってみるだけでもなんだか楽しい『樽出し生ワイン』ですが、もちろんおいしく飲まなくちゃ意味がありません。

そんな『樽出し生ワイン』におすすめのシーンもご紹介します。


シーン1 バスケットにパンとワインを詰めてピクニックに出かけよう

これからの季節、お花見やピクニックにでかけることも増えるはず。

そんな時、まずはシャトレーゼでワインとスイーツを買い込んでから、というのはいかがでしょう。

フレッシュな口当たりが青空の下での爽やかな時間にぴったりです。

ちなみに、開閉しやすいキャップボトルだから、うっかりオープナーを忘れた!なんて心配もいりません。


シーン2 毎日のちょい飲みに

こだわりのワインを選ぶのも楽しいですが、毎日となると毎回銘柄を選ぶのも大変。

『樽出し生ワイン』なら、とにかくリーズナブルでゴミも出ないから、気軽に飲みたいという方におすすめです。

飲み終わったら、次の休日は瓶をたずさえてシャトレーゼまでお散歩、なんていうのもいいのでは。

その他に、ホームパーティなどでたくさんワインを用意したい時などにもコスパ最強ワインとして使えます。

とっておきの高価なワインや記念の年のワインも素敵ですが、シチュエーションによって上手に使い分けられたら、それもワイン上級者への第一歩かもしれないですね。


樽出し生ワイン【白】/【赤】 1本(ワイン代のみ)各686円(税込740円) 輸入ワインと国産ぶどう使用

ボトル代(初回のみ) 1本(720mlボトル)143円(税込154円)


はじめて買うなら今!『春ワインフェア』がさらにお得です

4月12日〜4月28日に行う『春ワインフェア』(※一部店舗)では、常時販売しているラインナップに加え、フェア限定の白ワインも登場します。

気になった方は今がチャンス。『春ワインフェア』限定でお得なスタンプラリーやワイン全品ポイント3倍などお得な特典をご用意しています。

春ワインフェア実施店舗、実施期間はこちらからご確認ください。


ワインに合わせるおつまみもシャトレーゼにおまかせください

シャトレーゼの商品の中にはワインに合うスイーツもたくさんあります。

お店に行った時には、ぜひワインと一緒に探してみてください。


ワインに欠かせないパンには、「無添加天然酵母の熟成パン くるみ&レーズン」。

くるみとレーズンがたっぷりはいった贅沢な一品です。

無添加天然酵母の熟成パン くるみ&レーズン 1個 275円(税込297円)


チーズを使って本格的なスイーツに仕立てたのが『豊酪』シリーズ。

チーズのしょっぱさとクリームの甘さが絶妙にマッチしています。

デザートとしてはもちろんですが、複雑な味わいはワインのおつまみにもぴったりです。

豊酪 チェダー&エダム/カマンベール&くるみ/ゴルゴンゾーラ&はちみつ 1個 各100円(税込108円)


食後のひとときを楽しみたかったら、こんなスイーツとの組合せもおしゃれです。

オレンジとチョコレートの組合せは定番の大人の味。

甘夏ピールショコラ 1袋 380円(税込410円)

オレンジピールショコラ 1袋 380円(税込410円)


『樽出し生ワイン』のいいところをあれこれご紹介しましたが、おいしいだけではなく、ちょっと面白い体験ができて、リーズナブルでしかもエコという他にはない魅力があるのではないでしょうか。4月12日〜4月28日は、ぜひ『春ワインフェア』にお出かけください。


シャトレーゼ オフィシャルブログ | Chateraise News

山梨から全国へ直送でスイーツをお届けするシャトレーゼの公式ブログ。農場のレポートや、最新スイーツ情報をお伝えします。

0コメント

  • 1000 / 1000