「糖質カットシリーズ」開発の想い。家族の心と体の健康のために

10年以上前から開発されている「糖質カットシリーズ」

シャトレーゼには、10年以上前から「糖質カットシリーズ」という商品があります。

店舗に入った際には、ぜひ冷凍コーナーをのぞいてみてください。ケーキやアイス、パンなど多彩な商品が全16種類。

オンラインショップでも購入が可能です。

普段は、甘くておいしい日常の幸せを支えるスイーツをつくっているシャトレーゼが、なぜ糖質カット商品をつくり続けるのか。

知られざるその想いや苦労を、開発担当者に聞いてきました。


糖尿病は社会問題。誰にとっても他人事ではない

と、その前に「糖質」についてご説明しておきます。

糖質とは、主に砂糖や小麦粉に含まれる栄養成分のひとつです。人間の活動に欠かせないエネルギーになる一方で、昨今は、糖質の摂りすぎによる糖尿病(II型)が生活習慣病として社会問題になっています。

2016年に厚生労働省が行った調査によると、「糖尿病が強く疑われる人」と「糖尿病の可能性を否定できない人」は、日本国内に約2000万人、成人の4人に1人の割合で、今や誰にとっても他人事ではない問題になっているのです。

(詳しくは糖尿病ネットワーク:http://www.dm-net.co.jp/3min/

(画像:糖尿病ネットワークより)


実際に、ご自身やご家族が健康診断などで「血糖値が高めですよ」と指摘をされたという方も少なくないのでは?

今はまだ健康な人も、将来の健康維持のために、糖質の適正なコントロールは非常に重要です。

その一方で、糖質の高い食べ物は、ご飯やパン、麺類など日常的に食べられる主食や、日々のストレス解消に欠かせないお酒(醸造酒)、スイーツなど、控えるのが簡単ではないものばかり。

この点が、この問題の解決を難しくしている背景でもあります。


「お菓子は心の健康のためにある」お菓子メーカーとして果たすべき役割

今回話を聞いたのは、研究開発課の若きエース、小松さん。

入社8年目にして、ほぼひとりで糖質カットシリーズと低アレルゲンシリーズの開発を担当しています。

―シャトレーゼでは、なぜ低糖質の商品をつくっているのでしょうか?

小松:世の中には、どうしても糖尿病などで甘いものが食べられない方がいます。

ですが、お菓子は心の健康には欠かせないものなので、糖尿病を抱える方や、糖質を控えなければならない方にも安心してお菓子を食べていただきたい、という想いがあります。


―シャトレーゼの糖質カットシリーズには、どのような商品があるのでしょうか?

小松:糖質カットシリーズには、『糖質70%以上カット』と、『糖質50%カット』があります。

『糖質70%以上カット』は、1個につき糖質を5g以下に抑えることを基準として、糖尿病患者さんなど厳密に糖質コントロールをしなければならない方を対象にしています。

『糖質50%カット』のほうは、グラム数の基準は設けてなく、従来品に比べ糖質を半分以下にしている商品です。健康志向やダイエットで糖質を控えたい方を対象にしています。

▲砂糖を使用せずに作った生チョコレート風菓子。糖質を抑えながらもなめらかな食感でファンが多い。

糖質88%カットのとろけるショコラ 生チョコ風(糖質:一個あたり0.22g)

1箱 (25個入)530円 (税込 572円)

※日本食品標準成分表2015ミルクチョコレートと比較

▲トマトソースにチーズとバジルを合わせたポピュラーなピザ。他に『糖質85%カットのピザ 5種のチーズ』や『糖質84%カットのテーブルパン』など、主食にも対応している

糖質83%カットのピザ マルゲリータ(糖質:1枚あたり5.1g(エリスリトールを除く))

1袋2枚入り 330円 (税込 356円)

※当社オーブンでそのまま焼けるピザマルゲリータ(100g換算)と比較(エリスリトールを除く)

▲新鮮な卵を使用しふんわりと焼き上げたスポンジで、北海道産純生クリームを使用した果肉入り苺クリームを巻いたロールケーキ。

糖質50%カットのいちごクリームロール(糖質:1個あたり10.3g(エリスリトールを除く))

1個 120円 (税込 129円)

※当社うみたて卵のふんわり厚切りロール(1個)と比較(エリスリトールを除く)


―糖質をカットするために、具体的にどのようなことをするのですか?

小松:主に、糖質の多く含まれる砂糖と小麦粉を別の原料に置き換えます。

砂糖はエリスリトール、マルチトールなどの人工甘味料に、小麦粉は食物繊維の多い穀物の粉に置き換えることが多いです。


―開発していて難しいところはどんなところですか?

小松:一番難しいところは小麦粉の置き換えです。

原料によってはえぐ味や匂いが気になるものもありますし、食物繊維の多い原料に変えるので、どうしても食感がパサパサしてしまうんです。

通常の商品なら、砂糖を入れることで保水性(水分を封じ込めて食感をしっとりとさせる役割)を高めることができるのですが、糖質カットシリーズの場合は砂糖も控えるので、保水性が失われて、ますますしっとり感がなくなってしまいます。

そこで、えぐ味の少ない穀物の粉を使ったり、保水性を補うためにあらかじめ原料を吸水させてから加工したりと、試行錯誤しています。


甘党にこそ試してほしい!糖質50%カットの新商品

様々な壁を乗り越えて開発される糖質カットシリーズのうち、糖尿病を抱える方の強い味方になるのが『糖質70%以上カット』だとすると、厳密な糖質コントロールは必要ないけれど、糖質が気になり始めたという方にぜひ試していただきたいのが『糖質50%カット』の商品。

なかでも、5月24日に発売されたのが、糖質50%カットの『デザートシュー』と『ティラミスモンブラン』です。


―新商品のポイントを教えてください。

小松:シャトレーゼのスイーツの中でも特に人気の高い『シュークリーム』と『ティラミス』の2種類をアレンジし、糖質を50%カットしました。

これまでの糖質カットケーキは冷凍での販売でしたが、こちらは一般的なケーキと同じようにショーケースでの販売となりますので、解凍の手間がなく、購入してすぐにお召し上がりいただけます。


―新商品で苦労した点はありますか?

小松:シュークリームのシューパフが、ちょっとした温度変化で膨らまなくなってしまうので、一度うまくいっても、また次に焼くとうまくいかない…ということがあり、温度管理の徹底が難しかったです。

製造現場では、温度と湿度の管理を徹底し、安定した品質に仕上げています。

▲カスタード生クリームと、あっさりとしたスフレチーズケーキクラムを組合せ、ボリューミーに仕上げたスイーツ

5月24日(金)発売

糖質50%カット デザートシュー~スフレチーズケーキ入り~(糖質:1個あたり10g(エリスリトール・マルチトールを除く))

1個 220円(税込237円)

※当社ザ・カスタードシュークリーム(2018年商品)と比較

▲コーヒー生クリームとマスカルポーネ生クリームの中に、ほろ苦いコーヒーゼリーを入れたバランスのよいティラミスモンブラン

5月24日(金)発売

糖質50%カット ティラミスモンブラン(糖質:1個あたり5.8g(エリスリトール・マルチトールを除く))

1個 330円(税込356円)

※当社ティラミスモンブラン(2018年商品)と比較


これからももっとたくさんの「心の健康」を支えるために

もともとお菓子づくりが好きでシャトレーゼに入社したという小松さん。

低糖質シリーズを手がけることになるとは思っていなかったそうですが、幅広いラインナップに対応するために、時にケーキやパンの専門スタッフに協力を仰ぎながら、日々開発に励んでいます。


―糖質カットシリーズの開発を担当していてよかったことはありますか?

小松:医療機関などのイベントに参加させていただき、患者さんや医療機関の方から直接商品に対するご意見、ご感想をいただく機会があります。

その時に「おいしかった」とか「これがないと生きていけない」などといったお言葉をいただくこともあり、開発していてよかったなと思います。


―今後開発してみたい商品はありますか?

小松:糖質カットのカップアイスはすでに発売していますが、コーンタイプのアイスはまだ商品化されていないので、挑戦してみたいです。個人的にもアイスはコーンで食べるのが好きですし(笑)

それから、もっと種類を増やしたいのは和菓子です。今はどら焼きしかないのですが、糖尿病患者さんは年配の方が多いこともあり、大福やお饅頭など和菓子を食べたいとのご意見をたくさんいただきます。

しかし、和菓子の原料は糖質を多く含みます。それを別の原料に置き換えて再現することは難しく、今後挑戦していきたい分野です。


―最後にお客様へのメッセージをお願いします!

小松:糖質カットシリーズは病気を抱える方にとって、安心してお召し上がりいただける商品となっていますので、ぜひもっと多くの方に知っていただき、お菓子を食べる喜びを感じていただきたいです。


糖質カットスイーツはこちら

シャトレーゼ オフィシャルブログ | Chateraise News

山梨から全国へ直送でスイーツをお届けするシャトレーゼの公式ブログ。農場のレポートや、最新スイーツ情報をお伝えします。

0コメント

  • 1000 / 1000