今年は9月13日。月と一緒にスイーツも愛でるのがシャトレーゼ流の十五夜

月を愛で、スイーツも愛でる、ぜいたくな週末を

9月にはいり、まだ暑さが残るものの暦の上ではすっかり秋になりました。

シャトレーゼの店舗では、間もなくやってくる“十五夜”のためのかわいらしいスイーツを販売しています。 十五夜は、「中秋の名月」とも呼ばれ、「中秋」つまり「秋の真ん中」の月を愛でる行事です。9月なのに秋の真ん中?と思われるかもしれませんが、ここでいう秋とは旧暦の秋。旧暦では7・8・9月(現在の8・9・10月)が秋とされていて、今の中秋の名月は、9月7日~10月8日の間の満月の日とするのが一般的です。 

その歴史は平安時代ごろからと言われ、夜空も澄み渡り、月の高度もちょうど眺めやすくなることから、観月には最適の時期なんです。

令和元年の十五夜は9月13日(金)。週末にあたるので、太古の昔から変わらぬ月を愛でながら甘いスイーツで1週間の疲れを癒す「ちょっとした非日常」の時間はいかがでしょう。


つぶらな瞳がかわいい“月ゆめうさぎ”

月といえば昔から「うさぎが餅つきをしている」という伝説がおなじみですが、そんなうさぎのまん丸な瞳がこちらを見つめるケーキです。うみたて卵を使ったなめらかプリンに、カラメルソース、スポンジ、カスタード生クリームを重ね、生クリームでかたどったうさぎが乗っています。つぶらな目は苺ソース、ピンと立った耳はホワイトチョコレートです。

スプーンを刺すのはちょっとためらうかもしれませんが、味は濃厚卵とさっぱりとしたミルクにカラメルがアクセントになった本格派。月とうさぎを交互に眺めながら、ゆっくりと味わってください。

月ゆめうさぎ 

1個 280円(税込302円)


自慢のロールケーキで苺をはさんだスイーツ

たっぷりと使われた苺はもちろん贅沢なのですが、ポイントは月を連想させる黄色く丸いロールケーキ。契約農家が特別に飼育した、臭みのないコク豊かな卵をたっぷり使用したロールケーキで、同じくこだわり卵でつくったカスタード生クリームを巻いています。 

ゆっくり月を眺めるというちょっと贅沢な時間を演出するにはぴったりのスイーツです。 

月ゆめデザートロールカップ

 1個 300円(税込324円) 


十五夜といえば!THEお月見団子

十五夜を描いたイラストにススキなどと一緒に必ず描かれるのが月見団子。これは、十五夜がちょうどお米などの収穫の時期にあたるため、豊作を祈願し、さらに月を思わせる丸い形にしたことが由来とされます。

団子の生地は山梨県産コシヒカリを自社で精米・製粉したもの。中の餡も北海道産小豆を自家炊きした本格派なので、食べてももちろんおいしい。せっかくなので、ススキやお芋などの秋の収穫物と飾ってみては。 

月見団子

15個入(こし餡)800円(税込864円)


15個は食べきれない…という方は、6個入もおすすめです。

月見団子 

6個入(こし餡/粒餡) 各400円(税込432円)

シャトレーゼ オフィシャルブログ | Chateraise News

山梨から全国へ直送でスイーツをお届けするシャトレーゼの公式ブログ。農場のレポートや、最新スイーツ情報をお伝えします。

0コメント

  • 1000 / 1000